プロミスレディースとは

プロミスとは

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスがサービスを提供する消費者金融です。また、三井住友フィナンシャルグループの子会社のひとつでもあります。同グループには三井住友銀行、ジャパンネット銀行等があります。他の企業もたくさんあるので、皆様もどこかで三井住友フィナンシャルグループのサービスを利用してらっしゃると思います。実は、現在の消費者金融の多くがこうして銀行や信販会社の傘下に入っています。

 

後程解説させていただく改正貸金業法やイメージ悪化のために、打撃を受け屋台骨がぐらつき、自分の資本では、業務を行っていけなくなった消費者金融が銀行傘下に買収されるということがここ数年で一気に起きたため起きた現象です。おかげで同グループ内で銀行カードローンと消費者金融のキャッシングが同居することになったのです。三井住友銀行もカードローンがありますが、こちらはプロミスと違う性質を持つまったく別のサービスです。

 

皆様、プロミスの融資のサービスで女性向け以外のものがいくつあるか、御存知ですか。通常の融資にあたるフリーキャッシング、おまとめローン、目的ローン、自営者向けのローンです。何故、自営者のための融資があるかと申しますと、自営者はお金を融資してもらえないことが多いのです。私もそのひとりで、SOHOライター兼アマチュアアクセサリー作家をしています。昔は委託をしていたのですが、売れるときと売れない時の落差が激しく収入が安定しないので受注制に切り替えました。材料費などの経費も掛かるので、融資を受けたがる作家が多いのですが、収入が安定せず借りたお金を事業費に使うという時点で審査に落ちるのです。これは商売をなさっている方も同じです。そういったところに配慮したサービスをしている柔軟性がある企業だと言えますね。

レディースキャッシングとは

「何故女性向けサービスが必要か」ではジェンダーという性別による役割の見地から、女性向けサービスがなぜ増えたかを解説させていただきました。今回は実際のサービスの内容について、他のサービスとどう違うのかをご解説させていただきましょう。
皆様は、女性のためだけのサービスを行っている消費者金融をいくつ挙げられますか。私も何回も検索をかけてみましたが、そう多くは無く数社程度しか見つかりません。また、前は融資を行っていたけれど女性限定の融資を止めてしまったところも多いようです。どうしてなかなか発展しないかと申しますと、もともと女性の多くが収入が男性より低く融資の審査に通りづらいという現実がある為です。男女雇用機会均等法によって名目上は雇用の際に差別してはいけないことになりましたが、やはり、女性は非正規雇用等で仕事が安定しない傾向があります。そのため、借入額と支払う利子が少なく、消費者金融側の利益が少ないことや、女性ならではの事情に配慮できる女性スタッフを十分にそろえられるところが殆どないのです。プロミスの貸付条件は通常の融資も女性向け融資も変わりません。振り込む際の名義や対応するスタッフがすべて女性という点の配慮がなされ、女性が借りやすいようにしてあるという点が他のサービスと異なる点です。
そういえば皆様「ご主人」「旦那」「女房」この日常会話に含まれる言葉も本当は差別になる恐れがあるということを御存知ですか。「女房」は日本の女性の使用人です。「ご主人」「旦那」も格下の人が目上の人を呼ぶときの呼び方で、女性が格下とされてきた歴史の名残です。

プロミスの独自性

皆様は消費者としてサービスの提供元を選ぶ際にどんなところをご覧になりますか。知名度ですか、それとも、使い勝手ですか。消費者金融の場合は審査の通りやすさを重視する方もおいでです。参考までに私の事例を書かせていただくと、その企業の社会貢献度が私が消費行動をする際の大きな基準となっています。少額の場合、そう気にはしないのですが、1万円以上出す場合は必ずその企業の取り組みを調べて購入します。小さなころから傍に社会活動家がおりまして、いろいろな話を聞いて、自分のできる範囲で活動に参加してまいりました。私もそう裕福とは言えないので、お金を出すなら、お金儲けだけを考える企業ではなく、地域の人のことを考える企業を応援するためにお金を出したいと思うのです。その点でプロミスの母体SMBCコンシューマーファイナンスは、大変素敵な活動をしています。
公式ページの右上にはお客様サービスプラザというところをクリックすると、消費者や子供達の金融教育への取り組み等が紹介されています。今はどの消費者金融でも過去多重債務者を沢山出してしまった事の責任を重く受け止め、金融教育を行っているのですが、SMBCコンシューマーファイナンスは金融教育以外にもアルコール依存症への取り組みや就職支援等金融以外の問題にも取り組んでいます。これは中々簡単にできない取組みです。どんな活動家でも自分が取り組んでいる問題以外のことに目を向けることはできず、無知であったりすることが多いのです。プロミスは他の部分でも個性豊かな金融業者なのですが、この取組みは皆様の消費者金融のイメージを変える物なのでご紹介させていただきました。

何故女性向けサービスが必要か

映画館のレディースデー、女性専用車、そして今回ご紹介させていただくプロミスのレディースローンなど最近女性向けのサービスや配慮をした空間が増えてきましたよね。何故女性向けサービスが増えてきたかを説明するにはいくつかの仮説がありますが、今回はジェンダー、周囲から女性として期待される役割に重点を置いてお話をしてみましょうか。
旧約聖書の創世記にはアダムという最初の男性のあばら骨から女性イブが作られたとなっています。厳しい方はこれを男尊女卑だと怒るのですが、本来はそういう意味ではありません。現に聖書の中には相当数の女性が出てきて、男性が理解しなかったことを理解したり、ウィットをきかせて人を助けるシーンが描写されています。また、これはあまり知られていないのですが、士師記という書物にはデボラという女性指導者が出てきます。日本神道もそうです。女性神天照大御神を祭る伊勢神宮は篤い信仰を寄せられています。キリスト教の聖母信仰等に見られるように最初は女性は敬われる性だったのです。しかし、政治機能や戦争等によって徐々に男性原理に重きが置かれるようになり「女性は感情的で理解力が無い」「女は優しく家庭的なのがよい」というステレオタイプが生まれ、お金のことを自分で考える機会を奪われてしまったのです。しかし、現在は理知的で経済力のある女性も増え、不景気で行き詰った様々な業界から「真面目でいいお客さんになってくれそう」と注目を集めるようになったのです。因みにジュエリー業界もこの変化に対応していますよ。夫が買い与える物から女性が自分で買うものに変化し、質が良くて日常使いできる商品開発をする企業が増えています。

キャッシングとは

キャッシングとはATMを使って比較的少額の融資を受けられるサービスのことです。他にカードローンという殆ど似たシステムのサービスがありますが、ローンというのは本来、高額な物を買う時などに数回に分けて払えるようにした割賦のことを意味します。自動車ローン、住宅ローン等が代表的なサービスです。キャッシングは必要な資金を用立てるためのものですから意味合いが随分と違います。ただし、現在では銀行が消費者金融との差別化を図るために、カードローンという呼称を使うことが多いようです。
こうした消費者のための融資を行うところは、銀行、クレジットカード会社、消費者金融などが挙げられますが、皆様はこれらがどう違うか御存知ですか。業務内容が違う、制限する法が違う、規模が違う、審査の緩さや金利が違う、はい、どれも正解です。ですが、実はこれらの金融業者は成立の仕方と役割が全く異なるのです。丁度大河ドラマで同志社大学の設立者の奥方が主人公の物語をやっていますが、実は同志社大学を作るときの資金の融通を手伝ったのは日本最初の銀行を作った人達なのです。代表例は渋沢栄一と井上馨です。明治維新が起き、国の制度を整えるために、教育、運輸、そして新しく事業を起こす人に融資し、国の経済を支える銀行が必要になりました。銀行は国を作り直すために成立しましたが、消費者金融やクレジットカードは庶民の生活の必要から生まれたサービスです。現実にどんなに不良債権が溜まっても、銀行がなかなか倒産しないのはつぶれられては困るので、国が優遇するからなのです。その分少々小回りがきかず、審査も比較的厳しいのが銀行の特色だと言えます。

キャッシングはもろ刃の刃

読者の皆様の大半は、これからキャッシングをご利用になる方だと思います。ご利用になるときにいつも認識をしていていただきたいことがございます。キャッシングは確かに困った時に、現金が引き出せてとても便利な物です。ご親族が病気や事故に遭って、キャッシングで医療費をひきだせたことで安心したという方もおいでです。お金を借りること自体は悪いことではありません。よくキャッシングをしたことをご家族や会社に知られたくないとびくびくなさる方がおいでですが、誰しもお金が必要な時があります。そういう方の気持ちに配慮して、金融業者は利用者様の情報をご家族であっても明かさないのです。勿論守秘義務と言う業務の決まりごとですが、仮に支払い遅延が起きても金融業者は決して皆様の情報をご家族に言いません。
便利な反面、キャッシングは負の側面をも持ちます。返済ができなくなることから始まって、買い物依存症の助長、家族間の亀裂等の問題が起きる可能性があることを覚えていてください。何故キャッシングで家族間の亀裂が出るかと申しますと、皆様が黙ってキャッシングをしたことを知って、配偶者の方が怒りだす可能性があるからです。すべてがそうとは限りませんが、キャッシングでお金を借りることを収入が低いと当てつけられたと感じる方がおいでのようです。特に家族のために働いているという意識が強い方は劣等感を刺激されてしまいますので、可能ならば、何故ご自分が融資を受けたいかを資料を揃えて論理的に説明しておくとよいでしょう。表題の通りキャッシングは使い方によって皆様の益にも不利益にもなるサービスです。正しく理解しご利用をご検討いただければ幸いです。