プロミスレディースでキャッシングをする時に知っておきたいこと

レディースキャッシングとは

「何故女性向けサービスが必要か」ではジェンダーという性別による役割の見地から、女性向けサービスがなぜ増えたかを解説させていただきました。今回は実際のサービスの内容について、他のサービスとどう違うのかをご解説させていただきましょう。

 

皆様は、女性のためだけのサービスを行っている消費者金融をいくつ挙げられますか。私も何回も検索をかけてみましたが、そう多くは無く数社程度しか見つかりません。また、前は融資を行っていたけれど女性限定の融資を止めてしまったところも多いようです。どうしてなかなか発展しないかと申しますと、もともと女性の多くが収入が男性より低く融資の審査に通りづらいという現実がある為です。

 

男女雇用機会均等法によって名目上は雇用の際に差別してはいけないことになりましたが、やはり、女性は非正規雇用等で仕事が安定しない傾向があります。そのため、借入額と支払う利子が少なく、消費者金融側の利益が少ないことや、女性ならではの事情に配慮できる女性スタッフを十分にそろえられるところが殆どないのです。プロミスの貸付条件は通常の融資も女性向け融資も変わりません。振り込む際の名義や対応するスタッフがすべて女性という点の配慮がなされ、女性が借りやすいようにしてあるという点が他のサービスと異なる点です。

 

そういえば皆様「ご主人」「旦那」「女房」この日常会話に含まれる言葉も本当は差別になる恐れがあるということを御存知ですか。「女房」は日本の女性の使用人です。「ご主人」「旦那」も格下の人が目上の人を呼ぶときの呼び方で、女性が格下とされてきた歴史の名残です。

総量規制とは

2010年に施行された改正貸金業法の中で、もっとも話題性がある項目が総量規制とは、利用者の年収の3分の1を超える貸し付け、また、ある程度の額の融資を受ける際には申告した年収が正確なものであることを示す書類を確認することが業者側に義務付けられます。
よく銀行のカードローンは、総量規制の対象外ということがアピールされますが、これは銀行が貸金業法の規制下に無く、銀行法の下管理をされているためです。クレジットカードの場合はショッピング枠は割賦販売法、キャッシング枠は貸金業法と1枚のカードにふたつの法の規制がかかることになります。
今「じゃあ、銀行のカードローンならば収入の3分の1以上借りられるから、そちらにしよう」と考えた方、少しお待ちください。何故、収入の3分の1以下しか借りられないのか考えてみたことがありますか。統計学的に年収の3分の1が家計を破たんさせずに返済できるぎりぎりのラインの数字だからなのです。どのローンに申し込むかは皆様のご自由ですが、ご自分の自制する力を顧みて、どのサービスをご利用になるか、お考えになることをお勧めします。
日本の政府はわりと親切なのですが、自由の国アメリカでは、多重債務やカード依存は自分の責任とされている州が多いので救済策が万全ではありません。そのことに疑問を持った聖職者が、お金やカードとの付き合い方を教える取り組みがされており、日本の報道機関が特集を組んでいたことがあります。

金利の意味

プロミスレディースキャッシングの利率は初回申し込み時は融資額、返済までの期間によって、6.3パーセント~17.8パーセントと公表されています。出資法によって金融業者は20パーセント以上の利子を課すことができません(但し、諸条件がそろえばこれ以上の金利も貸せます)さらに貸金業法の規定で、額を多く借りれば課す利率の上限を低く、少なく借りれば課す利率の上限がやや高くなることが定められています。
金利と言うと、ニュースなどをみていてどうにも意味が分からないという方が多いようですが、皆様は何故利息や手数料を融資の時に支払うか御存知ですか。利子、利息は元は、融資をしてくれた業者へ利用者がその見返りに差し出すお金のことです。経済学ではもっと硬い言葉で定義しますが、有体に言えばお金を貸した人へのお礼のようなものです。
また、皆様が支払った利息、利子は金融システム全体を支える元手にもなります。金融は元は資金融通と言ってお金を持っていないけれど何かしたい人のところに、お金を持っている人が諸条件を付けて資金を融通することによって経済を動かすシステムのことです。金融業者は互いに資本の1部を融資し合いながら業務をしておりますので、どこか1か所で債務不履行つまりお金を返せない人が増えて経営難に陥る業者が出ると他企業も少なからず打撃を受け、融資をし辛くなります。金利は政治状況によって変わることがありますので、融資をお受けになるときには政治のニュース等を少し注意深くみていると情勢がわかると思います。

改正貸金業法

キャッシングを利用するときに避けて通れないのが、貸金業法、出資法、利息制限法等の法制度です。勿論、これを理解していなくとも、また金融にまつわる知識がなくとも、キャッシングを利用することは可能です。皆様、今、携帯電話やパソコンをお使いになっているかと思いますが、その構造を1回1回認識しながら使用されているわけではありませんよね。金融商品も実は同じことなのです。しかし、知識があることによって、理解をしやすくなることは事実です。
改正貸金業法について解説するときに避けて通れない事柄があります。それはかつて、消費者金融がどんなことをしてきたかということです。予めお断りしておきますが、これは昔の話で、今のプロミスの業務とは一切係累がございません。私は30代前半ですが、丁度大学に上がるぐらいまでの頃、消費者金融はいかにも簡単にお金を借りられるという風に見える広告を大量に出していました。そして実際に殆ど無審査で、融資をし、別項でも何度か書かせていただいたとおり、相当無理な取り立てをしていた業者がありました。消費者金融の歴史は比較的浅いので、行政側の対応も後手に回り、大量の多重債務者を出してしまったのです。これではいかん、もっと制度を調えないということで、グレーゾーン金利という本来法的には無効の金利帯の消滅と、総量規制、そして消費者金融側が利用者の返済能力を確認する義務の明確化等を盛り込んだ改正貸金業法が生まれたというのがあらましです。また、今の子供たちは、金融教育を実践的に受けていますが、これは我が国の教育現場がきちんと金融教育をしてこなかったために、安易に融資を受けて人生がおかしくなった人を出してしまったという反省に基づくものです。金融庁のホームページが大変分かりやすく勉強になるので、ご覧になることを皆様にお勧めいたします。

多重債務とは

消費者金融のことについて考えるときに避けて通れないのが多重債務者の問題です。多重債務者という文字をみて、皆様どんな印象をおもちになるでしょうか。多重債務者の定義は諸説あるのですが、5件以上の金融業者から融資を受けている、もしくは2つ以上の業者から多額の融資を受けて、借りては返し、借りては返しということを繰り返して返済が行き詰った人のことを示します。返済が行き詰ると焦って闇金融から借りたり、自己破産をして新しい融資を受けられなくなったりします。人数については一応統計がありますが、それは政府が把握している人数で実際は相当数の方が多重債務の問題を抱えていると言われています。
多重債務者の置かれている苦境の原因については政府が悪い、金融業が悪い、借りた当人が悪い等様々な言い分があるようです。ここで少し思考のヒントとなるお話をご紹介しましょう。あるところに部下にお金相当額を貸している上司がいました。その部下のひとりがお金をどうしても返せないと懇願したので貸した上司は気の毒に思い、借金を帳消しにしてあげました。ところがその部下は自分が少額貸し付けた相手にお金を絶対に返せと迫り牢屋に入れてしまったのです。それを知った上司はその不寛容さに激怒して、仲間を牢屋に入れた部下を牢屋に入れました。これは本来「仲間を赦さない家来の例え」と言って新約聖書、マタイによる福音書の中に出てくる例えをアレンジしたものです。実際にこういった借金苦が古代社会であったのではないかと言われています。聖書は聖典としての側面と同時に語りつがれた知恵の集合体でもあり、どんな問題の解決のヒントものっている資料でもあります。この物語の主題は「赦し」です。私達は国の借金を負う債務者でもあります。皆様も暇な時にご自分はどの立場にあるか考えてみて頂ければ幸いです。

もうサラ金ではありません

皆様は「サラ金」という言葉を御存知ですか。かつて消費者金融はこう呼ばれていました。しかし、グレーゾーン金利や客商売にあるまじき督促の仕方等でイメージが悪くなったので、業界関係者からの陳情でサラ金と言う呼称を使うことを止めることになりました。
今でもたまにサラ金といういい方を少し侮蔑的なニュアンスで使う方がおいでのようです。また、闇金融の特性と消費者金融の特性を混同している方がおいでのようです。皆様によく覚えておいていただきたいのですが、プロミスをはじめとする消費者金融は貸金業法によって貸金業として認定された単なる貸金業者です。逆に闇金融というのは登録をせずに金銭の貸し付けをする違法業者の総称です。消費者金融は法の下にいるため、いざとなったら行政や司法が動き利用者の権利を守れるのです。対して闇金融は非合法なので行政が実態を把握しづらく、対処が遅れてしまいます。犯罪だから取締りすれば良いとおっしゃるかもしれませんが、少なくとも警察は被害届が出てそれに対応、もしくは一斉取り締まりするしか対策をとれません。犯罪者というのは知恵が働き、何かあったらグループを解散してさっさと逃げてしまうことが多いのです。
また、サラリーマン金融という呼称だと皆様融資を受けられなくなってしまいます。サラリーマンとは男性会社員のことですので、レディースローンというサービスの存在と名称が矛盾してしまうのです。因みに私は女権論者ではありませんよ。「マンホール」を「ヒューマンホール」と呼んだら舌を噛みますからね。