キャッシングとは

キャッシングとは

キャッシングとはATMを使って比較的少額の融資を受けられるサービスのことです。他にカードローンという殆ど似たシステムのサービスがありますが、ローンというのは本来、高額な物を買う時などに数回に分けて払えるようにした割賦のことを意味します。自動車ローン、住宅ローン等が代表的なサービスです。キャッシングは必要な資金を用立てるためのものですから意味合いが随分と違います。ただし、現在では銀行が消費者金融との差別化を図るために、カードローンという呼称を使うことが多いようです。

 

こうした消費者のための融資を行うところは、銀行、クレジットカード会社、消費者金融などが挙げられますが、皆様はこれらがどう違うか御存知ですか。業務内容が違う、制限する法が違う、規模が違う、審査の緩さや金利が違う、はい、どれも正解です。ですが、実はこれらの金融業者は成立の仕方と役割が全く異なるのです。丁度大河ドラマで同志社大学の設立者の奥方が主人公の物語をやっていますが、実は同志社大学を作るときの資金の融通を手伝ったのは日本最初の銀行を作った人達なのです。

 

代表例は渋沢栄一と井上馨です。明治維新が起き、国の制度を整えるために、教育、運輸、そして新しく事業を起こす人に融資し、国の経済を支える銀行が必要になりました。銀行は国を作り直すために成立しましたが、消費者金融やクレジットカードは庶民の生活の必要から生まれたサービスです。現実にどんなに不良債権が溜まっても、銀行がなかなか倒産しないのはつぶれられては困るので、国が優遇するからなのです。その分少々小回りがきかず、審査も比較的厳しいのが銀行の特色だと言えます。