ブラックリストとは

ブラックリストとは

消費者金融のことを調べていくうちに、必ず出てくるのがブラックリスト、またはブラックという用語です。皆様この言葉にどんな印象を持ちますか。今はインターネットが普及し、皆様がご覧になっているこのサイトの様に消費者金融やクレジットカードについての情報が皆様のもとに届くようになりましたが、少し前までは、お金を返せなかった人の名前を書いたリストがあって、金融業者間で、シェアされているというイメージが強かったようです。実際に信用情報機関というものがありますからこの発想はあながち間違いではありません。

 

しかし、「お金を返せなかった人の名前と情報だけが書かれたリスト」は存在しません。また、信用情報機関の信用情報の照会は、金融業者が好きな時に開示を求められるという事ではなく、融資の申し込みや、クレジットカードの場合更新時等、適切な事由がある場合、与信業務のためにのみ閲覧できる様になっています。ですから、仮に「ブラック状態」になっても、申込みをしていない業者にそれがわかるということはありません。

 

ブラックリストの正体は、信用情報の瑕疵というものです。例えば長期間の支払い遅延、名義貸し等の不正行為等があると、それが情報として記載され、数年単位で新たな融資の申し込みができなくなるのです。因みに、きちんと与信を行なっている金融業者では、この瑕疵情報が記載された人の新規の申し込みはまず通りません。たまにブラックでも融資しますという広告を見ますが、そういった業者の中には非合法の業者が混ざっていたりしますので、どんなに困っても、融資を受けないようにすることをお勧めします。