主婦は借りられない?

主婦は借りられない?

消費者金融にまつわる噂で「主婦は審査に通らない」というものがあります。プロミスの場合、この話は半分正解で、半分不正解です。皆様がご利用になろうとされているプロミスのレディースキャッシングはコンスタントに収入がある方ならば、申し込むことができるという規約があります。主婦の方の中でも働いておいでの方は融資を申し込めば与信枠が付与される可能性があります。ただ、申し込めるという事と、お金が借りられるということは同義ではないので注意をしてください。

 

問題は専業主婦の方ですが、実はどこの会社でも融資を受けることはやや困難でしょう。どんなに家のために走りまわっても収入は「ゼロ」とみなされてしまうのです。消費者金融には総量規制の制限があるため、収入が無い方に融資することができません。業者によっては、旦那様の収入を主婦の収入としてみなす処置を取っていたりしますが、同意書等が必要になります。

 

皆様のご家庭では、お金の管理をどなたがなさっておいでですか。多くのご家庭では、主婦の方が家計を預かって、旦那様はご自分が召し上がっている夕食の材料費も御存知ないというのが現状のようです。家計の足しに融資を受けたいというと「お前の管理不足だ」と片づけられるケースがあるようです。そこで皆様にご提案なのですが、旦那様のお世話をすべてボイコットしておしまいになったら、如何でしょう。家事も財政管理も数日しない。旦那様の世話を絶対にしない。実家に帰って好きなことをする。

 

何故、こんな突飛なことを申しあげるかと申しますと私の父が母がいないと何もできない依存夫の典型例だったのです。母が病気になって寝込んだのを契機に、積極的に家事をするようになりました。お金のことも理解しようとしています。実際に買い物などをしてみて物の値段等を見、母の大変さがわかったようです。今では、菜園管理や料理が趣味になりつつあります。勿論この方法はすべての方が上手くいくとは限りませんが、実際に体験してもらった方が言葉の訴えより理解をえやすいかと思います。